住宅-O邸・T邸

O邸(神戸市)

構造: 木造3階建(在来工法)
敷地面積: 64.43平方メートル
延床面積: 103.05平方メートル
まちなかの準防火地域という制限のなかで、木造3階建ての真壁構造をクリアーし、狭小宅地を有効に利用。国産材の桧と杉を構造材に、内装はしっくいと杉板貼りを基本とした仕上げ。若い夫婦と2歳の子供のかわいい住まいは、赤いスペイン瓦とモルタル塗り壁、透水性の舗装レンガと芝生の前庭、木製トレリスにはキャロラインジャスミンを這わせて、通る人にも心地よさを感じてもらっています。


T邸(神戸市)

構造: 木造2階建 (在来工法)
敷地面積: 90.66平方メートル
延床面積: 100.91平方メートル


杉の構造材や淡路瓦で木造の良さを生かし、風通しや光の入る工夫をしている。
壁は、ダイライト貼りの通気工法で、結露対策をし、構造体の耐久性を上げている。
室内は、杉のムク材と珪藻土など自然素材で健康にも配慮し、ポリエステル断熱材やペアガラス入りサッシは断熱性を高め、室内の快適性に寄与している。